So-net無料ブログ作成
検索選択

普通が普通でない事 [育児]

 
学校に通う事が多いこの頃。
父母の方々の名前は、ほとんど覚えられないのだが
子どもたちとは、随分仲良くなった。
 
そんな中で、びっくりの連発!
 
 
===============================
 その1
 
4年生の男の子
 
あのねー昨日、うちの兄ちゃんも鍵をわすれちゃってねー
(本人も忘れちゃったんだろうな)
かあちゃんに電話したらねー
ガラス割って入れっていったんだよ。
だから
オレんち、今 そこの窓だけ、雨戸しまってんの
 
 

 
 
会うなりいきなりこの会話。
びっくりだったよ。
というかウケてしまった。
すごいなー
窓ガラス割れって…
 
 
=================================
 
 
その2
 
4年生の女の子
 
とうがらしを迎えに学校に行ったら、
向こうの方から手を振っている。
私に…
 
おーいとふりかえすと
走ってきた
 
ゆかぞうに触ってくるので
こっちも寄り添ってみた。
ぴったりと寄り添う感じがうれしいらしい。
 
おばさん」って呼ぶから
「ゆかぞうって呼ばないと返事しないよ」というと
「じゃ、ゆかぞうって呼ぶよ」とうれしそうに言う。
 
とうがらしと、ゆかぞうの会話を聞いていて
ビックリしている。
 
そして、
 
「なんで、そんなにやさしく言うの?」
 
「えーママやさしく言わないの?」というと
 
「すごーく怖いよ」だって 
 
 
 
大人がやさしく話す…
(というかゆかぞうの場合は、とうがらしと対等に話していたのだが)
それで、びっくりする子がいるんだな〜と
こっちがびっくりした。
 
当たり前のことは、決して当たり前ではないんだな。
 
 
==================================
 
 
その3 
 
「今日は、水戦争するから」
「帰ったら行くから」
 
とうがらしを迎えに、行く途中で、下校してくる子どもたちに言われた。
 
「えーーーーーやだーーー」
 
そう言ったのに、団体でやってきた。
3対3で戦うのだそうだ。
 
かめちゃんも、もれなく参戦。
 
「ねー水鉄砲ないの?」と言われ

もっていってあげると
しばらくして
 
「こわれちゃったーー」と持ってきた
 
「ほんとだね」というと
 
”えっ!”とビックリした顔。
  

いつもなら、周りにいる大人たちは、どんな対応をするんだろうか。
そもそも、この時期に水戦争なんてさせないか。
みんなー、かぜひかないでね。

 
 
===================================
 
 
 

大きい1年生と小さな2年生 (創作どうわ傑作選 1)

大きい1年生と小さな2年生 (創作どうわ傑作選 1)









子どもには、子どもの世界があり、
大人には大人の世界があるが、
子どもと大人はどんなふうに関わっているんだろうか。
 
ゆかぞうは、かつては「子どもの権利条約」について研究して、
修士論文などを書いていたが、
今は、そんなことを述べる気は全くない。
 
ただ、魂と魂で会話したいだけだ。
大人が、とらわれをはずしたら
子どもたちは、実に人懐っこく話しかけてくれる。
 
普通が普通でないことも、びっくりなことも
子どもたちは、さらりと語ってくれる。
 
そして、素直にびっくりして
素直に受け止めてくれる。
 
また、びっくりさせてね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

えー高いね! [感動のことば]

 
先週の金曜日と昨日月曜日、
家族で、ディズニーランド…
 
の近くの眼科に行きました。
 
受診者は、とうがらし。
 
興味のある方は検索してみてね
「かわばた眼科」
 
そこで、2日間に渡ってさまざまな角度から
目の検査をする。
とうがらしは、いたってまじめに取り組んでいた。
 
まあ、本日のお題はとうがらしではなくて、
その時のかめちゃん。
 
さんざん待って、ドラえもんも何冊も読んで
最後にお会計の時に
「一万五千円です」といわれ、支払っていると
 
「ねーーゆかぞう、随分高くない?」といい
「あのーどうして、そんなに高いんですか?」と
直接事務の人に聞いてるのよ!
 
どひゃーー
びっくり!!
 
 
うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)

うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)

  • 作者: 長谷川 義史
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 大型本
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • この絵本、読んだ事あるかな?
  • この絵本ぐらいビックリよ!
  •  
  • 事務の人は、にっこり笑って答えられず、
  • 仕方がないので
  •  
  • 「あのねー、病院には、保険というのがあってね…
  •  ー中略ー
  •  保険のきかないものもあってね…
  •  ー中略ー
  •  ということで、今回は保険はきかないから
  •  値段が高いんだよ」
  •  
  • と大きな声で説明するはめに…
  • そこにいるみなさんが、納得できるように…。
  •  
  • 説明を聞いた最後にかめちゃんは、
  • 「あまりわからないな〜」と言った。
  • いいのよ。
  • 君がわからなくても、親は納得している事が
  • みなさんに伝われば…。
  •  
  • それにしても、びっくりでしたよ。
  • かめちゃん。
  • 君は、本当にどこからやってきたんだ?
  •  
  • そして、本当は何歳?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

シリーズもの [感動のことば]

 
子育てシリーズ」を書き始めてから、かめちゃんのブログに対する
チェックが厳しくなってきた。
ゆかぞうが、ブログを書く横で、読み上げている…
 
そして「ねーかめちゃんの感動のことばシリーズも書いてよ」だって。
そして、書き方まで、キーボードの前に書いて置いてある。
あちゃー
やらなくちゃねー。
 
今日もパソコンを開くと
 
「今日の感動のことばはねーーーー」といって
 
 
===============================
 
本日のお言葉
 
人生は〜運がいいときも運が悪いときもある。
人生は〜そういう〜ものなんだよ〜
 
 
===============================
 
だそうである。
ありがたいおことばでした。
 
 
どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)





 
 
 
ブログの内容には関係ないけれど、
かめちゃんが、小さい頃に好きだった絵本です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

子育てについて その17 [子育てシリーズ]

 
子育てシリーズです。
 
先日、ブログを覗き込んでいたかめちゃんが
「えーーー、子育てシリーズって、もう16までいったの?」
 
そう言われた。
まったく、何歳かわからない方だ。
6歳だけど。
 
そうなのねー。
子育てシリーズは、今回で、その17になります。
 
 
今日は、子育て中だから、やりたいこと。
 
子どもたちがまだ小さ頃は、一人でコーヒーを飲みに行きたかった。
喫茶店で、本を読みたかった。
母が手助けしてくれたおかげで、この希望は、かなり実現した。
 
子どもを抱っこしない状態で、お買い物がしたかった。
だって、重いんだもん。
 
今は、
一人で、喫茶店に行く時間はあるが、家で入れるコーヒーも
おいしいので、以前より行かなくなった。
本も自宅で読んでいる。
 
買い物は、一緒に出かけるけれど、抱っこはない。
一緒に行く?と聞いても
アイス買ってきてね〜」とリクエストだけ飛んでくる事もある。
 
 
そして、今の希望は、一人旅に出る事。
「ゆかぞう、旅にでようかな〜」というと
「だめーーーー」と子どもたち。
「じゃあ、君たちが高校生ぐらいになったら?」というと
「だめーーーーー」
 
「じゃあ、冬休みにまた家族で九州に帰って
 ハウステンボスに行こうか」というと
「行くーーー」だって。
 


 
 
なまら蝦夷7号

なまら蝦夷7号

  • 作者: なまら宿主46人
  • 出版社/メーカー: なまら蝦夷事務局
  • 発売日: 2009/04/20
  • メディア: 単行本
    とほ 2009-2010

     

    とほ 2009-2010

    • 作者:
    • 出版社/メーカー: コア・アソシエイツ
    • 発売日: 2009/04
    • メディア: 単行本 
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    • アマゾンで検索したら、昔懐かしい旅人本が今も発行されていることがわかった。
    • 「なまら蝦夷」の方は、北海道の情報が満載。
    • 「とほ」は、一人旅を歓迎する宿が紹介されていた。
    • 北海道から、沖縄まで、個性的な宿がそろっている。
    • 2009年版は、手にしていないので、ちょっとわからないが、
    • 少なくとも、ゆきんこのハハさんとゆかぞうが、旅人だった頃は、そうだった。
    •  
    • なつかしいなー。 
    •  
    • そうそう。
    • ゆきんこのハハさんは、「とほ」の表紙を手がけたこともある。
    •  
    • 今は、一人旅に出たいという希望が大きいけれど
    • これもまた、子どもの成長と共に変化してくるんだろう。
    •  
    • できないことだからこそ、
    • どうしてもやりたいことになり、
    • できることは、
    • 意外とやりたいとは思わなかったりする。
    •  
    • 人は、欲張りだな。
    •  
    • 朝起きてから、寝るまで、
    • 子どもとともにいられる幸せを
    • 感じて、感じて、感じ尽くすことを望まずに
    • できないことを望んでいくなんて。 
    •  
    • まあ、
    • そのぐらいの心の揺れがあって、
    • 感情が行き来して、
    • その中で、体験して実感していくことも多いんだろう。
    •  
    • いつか、
    • また一人旅ができることを楽しみに。
    • 今を味わい尽くすことにするか。
    •  
    • いつか、また自分の希望が変わる日まで。
    •  
    • そんな日がきたら、
    • みんな!
    • 一緒に旅に出よう。 
    • 日程と宿だけ決めて、あとは自由行動。
    • そんな友達との旅が、楽しかった。
    •  
    • また、いつか。
    • 旅に出よう。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

休日の過ごし方 その1 [育児]

 
本日、ゆずぞうは講習会&仕事でおでかけ。
日曜日だというのに、ごくろうさま。
 
「なんで、こんなに働き者なんだろう…」
 
そう、つぶやきながら出かけて行きました。

そんなこんなで、
だらーーーっとした一日がスタート。
 
子どもたちは、パソコン&DVD
ゆかぞうは、映画を見ました。
 
 
おくりびと [DVD]

おくりびと [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 以前から、見たかった映画だったから。
  • チャンスをうかがっておりました。
  •  
  • 映画で出てくるチェロの演奏を聴いていると
  • ヨーヨーマを思い出す。
  • 有名なチェロ奏者
  •  
  •  

  •  
  • ベスト・アルバム

    ベスト・アルバム

    • アーティスト: ヨーヨー・マ,ピアソラ,オコーナー,バッハ,ドヴォルザーク,ポーター,プレヴィン,モーツァルト,ボッケリーニ
    • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
    • 発売日: 2004/11/17
    • メディア: CD
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    • とうがらしが、お腹に居る時も
    • 生まれたあともよく聞いていたアルバム
    •  
    • 色々なことを思い出した。
    •  
    • そして、「おくりびと」では
    • やっぱり虹ちゃんのことを思い出したかな。
    •  
    • 納棺は、家族がやったんだった。
    • でも、あんなにきれいに、体をふいてあげなかったな〜
    • なんて思っていた。
    •  
    • 肉体から魂が離れた後も、
    • 抱っこしたり、触ったりはできたけれど、
    • 洋服は着替えさせられなかったとか…
    •  
    • 人の旅立ちには、色々な形がある。
    • 先日亡くなった祖母も、大変祖母らしい旅立ちだった。
    •  
    • もう、意識がない祖母から
    • 「花を飾っとくれ」
    • 「まんじゅうが、食いたいな〜」
    • 「音楽が聞きたい」
    •  
    • そんな要求が聞こえた気がして、
    • お花を買いに行ったことも思い出された。
    •  
    • 雨の日にふさわしい、しみじみとした映画だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

語るかめちゃん [育児]

 
 
この頃、かめちゃん、語ってます。
 
まったりとした、のんびりとした口調で、
語尾を少し延ばすのが特徴的。
 
毎回笑わせてくれます。
 
 
=======================

車の中で…
 
「未来と過去がくっつけばいいのにね〜
 未来は、過去の事を考えて
 過去は、未来の事を考えているんだよね〜」
 
と、しみじみと語る。
 
=======================
 
外出から帰ってきたゆかぞうに
かめちゃんととうがらしが、同時に話し始めた。 
 
ゆかぞうは、思わず「ちょっと休憩〜」というと
 
「親って言うのは、〜きて〜きて〜っていわれるもんだよね〜〜」
 
またまた、しみじみ語りながら行ってしまった。
 
========================
 
もう、おねしょには縁のなくなったかめちゃんだが
先日、めずらしくおねしょした。
 
自分でも、変だな〜と思ったらしい。
 
「あれ?なんだか、ちょっとぬれちゃってる?」とかめちゃん
 
「えーーーーー。本当だ!」
ゆかぞうが、あせってお布団のぬれ具合をチェックしていると
肌がけがぬれていた。

「ありゃーーこれがぬれちゃってるよ」というと
 
「どうりで”みずみずしい”と思ったよ〜」
 
これには、爆笑。
ぬれたお布団に”みずみずしい”とは、かめちゃんぐらいしか言わないよ。
 
そして、この話は、本人の名誉のために極秘でお願いします。
 
 
================================= 
 
20091024213335.jpg
                  かめちゃん作のへのへのもへじ
 
 

ゆかぞうが、何とか子育てをさぼってまったりしたいと思っていると

「ゆかぞうってわかんないよね〜
 怒っているかと思って、かめが近づくと
 わらうんだよね〜。
 だから、かめはわざとやるんだよ〜」
 
なんて、核心をつかれたりする…
 
 
おそるべし、かめちゃん。
本当に君には負けます。
 
そして、お風呂からでて
そのままの格好で
「わたしーーえいごもーーはなせまーーーす」
 
なんて言っている。
 
君は、どこの星からやってきたんだ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

マンマミーア! [育児]

 
久しぶりにDVDを見ました。
 
テレビは、とうがらしに占領され、
かじったリンゴのマークのパソコンはかめちゃんに占領され、
無理矢理もう一台のvaioで見ていると、何か用事を頼まれ…
 
そこで
「明日は、もう返却日だから、今日は映画見るからねー」と
宣言して、見る事にした。
 
もちろん、
子どもたちのお風呂はみがきも自分たちでやってもらったので
やったのか、やらないのか、ものすごくテキトーだと思うが。
 
明日は、返却日だし。
 
 
マンマ・ミーア! [DVD]

マンマ・ミーア! [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • メリルストリープもABBAの曲も好きだったから…。
  • ゆかぞうにもこの曲を聴いていた時代があったな〜としみじみ。
  •  
  • ストーリーの能天気さと、ありゃ?な感じはありつつも
  • 映画館で見たら、きれいな絵だったろうな〜と思った。
  •  
  • つい最近ゆすぞうに
  • 「一億円あったら、どうする?」と聞かれ
  •  
  • 「みんなが集う場を作る」と言ったら、
  • 「もうちょっとウケ狙いで…」と言われたので
  •  
  • 「じゃ!南の島を買って、移住する」と言ったばかりだった。
  •  
  • そして、出てきた絵が南の島。
  •  
  • うーーーん。
  • 行きたいね〜。
  • のんびりとねー。
  •  
  • 久しぶりの映画だったが、
  • やっぱり、今度は今日は見られると思った日に借りに行く事にしよう。
  • 無理矢理見るのも、気合いがいる。
  •  
  • 何でも自然体が一番!
  •  
  • さてー
  • 寝るかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ゆいまあみいガレージセール最終日。2 [おいしいもの]

 
ガレージセールの楽しい時も終わり、
最後に駆けつけて下さった、お客様とお茶の時間となりました。
 
どの方も
「また、カリーが食べたいわー
 なんとか再開できないのかしらねー」と話していきます。
 
そのたびに
「うれしいわー。ありがとね」というおかあさん。
 
こんなに愛されたカリーが本当にあったんだな〜と
ゆかぞうも、実感した日々でした。
 
 
 
20091022151657.jpg
 
 
庭には、超あまえんぼのウェンディーちゃんもいて
一緒にお客様をお迎えしました。
お迎えというより、正確にはうれしくて
とびついていたのですが…。
 
ゆきんこのハハさんとゆかぞうは、
「いやーこんなお店を開きたいね〜」と連発。
 
厨房から見る眺めが心地よく
集える場所の大切さを感じつつ
 
「つづく…」を残して
ゆいまあみいを後にしました。
 
「昨日の続きは今日、今日の続きは明日」

そんな思いで、毎日を大切に生きていきたいと思いました。
 
みなさん。
ありがとう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ゆいまあみいガレージセール最終日。1 [おいしいもの]

 
ゆいまあみいのガレージセールも本日で終わり。
今日は、おかあさんからカリーをごちそうになりました。
 
まぼろしのゆいまあみいカリー。
今でもご主人には、作っているのだそうです。
 
本日は、さんまと高菜でした。
 
 
 
20091022121806.jpg
 
 
 
やっぱり、ガレージセールお手伝い組に立候補してよかったねーと
ゆきんこのハハさんとしみじみ食べました。
 
「ゆい」おかあさんのカリーの味は、
やっぱり最高でした。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ゆいまあみいガレージセール 2日目 [おいしいもの]

 
 
 
ゆいまあみいのガレージセール
本日2日目。
 
今日も色々な方がやってきました。
「ゆい」おかあさんの味とお人柄がどのぐらい
慕われていたかがよくわかりました。
 
「お店で出していた紅茶は、もうないんですかー?」
そう聞くと
 
「もう、売り物にはならないのよ」といって出してきて下さった。
 
それをガレージセールに来て下さった方々にお出しして
「ゆい」おかあさんとの時間を楽しんでもらうことにした。

みなさん、なつかしそうにお話して、
「カリーが食べたい」と何度も話す。
 
「パーヤサムが好きだったのよねー」と
カリーの後に出されたデザートの話をする人もいた。

 
 
20091020150309.jpg
 
 
 
ゆいまあみいは、自宅の庭に「ゆい」おかあさんが
ハンドメイドで敷き詰めたレンガがある。
 
「もとからあった木を切るのは、かわいそうだから」と
厨房は、ヤシの木を取り込むように作られている。
これも、ご夫婦で作ったそうだ。
 
「何とかできるわよ。時間はかかるけどね」
 
そう何気なく話すおかあさん。
 
自分でやりたいことは、そうやってパワーと
自身のエネルギーで乗り切ってこられたのだろう。
 
「カリーのお店を開きたかった」
 
その思いが、このお店の空気を作っていたのだと実感した。
ガレージセールのお店番を名乗り出て、よかったなー。
 
 
つづく


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。