So-net無料ブログ作成
検索選択
子どもとあそび ブログトップ
前の10件 | -

久しぶりの動物園 [子どもとあそび]

久しぶりに動物園に行きました。
とうがらしが、小さい頃から何度も通った動物園。
 
「かめちゃんが、お腹にいるとき、ここを歩いてお腹がパンパンに張っちゃったな」とか
「かめちゃんが切迫早産になって、ゆかぞうが入院しているとき、とうがらしを連れてよくきたな」とか
「かめちゃんが、よちよちしているときも来たよな~」とか
 
親の思い出は次々と出てきました。
 
とうがらしは、小さい頃から動物が大好き。
触るのが好きというより、観察するのが好き。
動物のことを色々学ぶのが好き。
 
 
この日は、帝京科学大学動物サイエンス学科の学生さんがイベントをしていた。
もちろん教授もいた。
とうがらしは、早速教授の質問コーナーで、レッサーパンダとパンダについて質問。
その他次々質問。
 
ある意味、教授や大学生と話していたほうが、話が通じるとうがらし。
同級生に自分の興味のあることを話しても、相手にわかってもらえないのね。
特に、動物や宇宙のことについては・・・。
 
 
 
 
20080923131458.jpg
 
 
写真は、「ハムスターのおうち」を作るとうがらしくん。
学生さんは、どうやら子どもたちにおうちをたくさんイメージさせて、それをデーターにとって
卒論の材料にしているらしい。
やさしい、お兄さんとお姉さんがたくさんいた。
 
 
さて、かめちゃん。
かめちゃんは、あくまでもマイペースかつ個人行動。
一緒に行った、いくぴー、さやぴーの行動はおかまいなしで、
一人で動かない動物たちに乗っている。
 
「すべすべで、きもちいいー」とスリスリ。
ちょっとやさしそうなお父さんを見つけるとスリスリ。
かっこいい大学生をねらってはスリスリ。
 
ホント、君ってどこでも楽しく生きていけるよね。
絶対。
 
 
さて、ゆかぞうの決意。
休日は、体を使って子どもたちとたくさん遊ぶ!
今までもたくさん遊んできたけれど、更にたくさん遊ぶ!
たくさん遊べるのも今だけ。
 
思い出にひたりながら、思い出を作った日でした。

稲作体験 [子どもとあそび]

連休の二日目。
何かと忙しい連休になりました。
本日は、小学校の「稲作体験教室」と子ども会の「バーベキュー」が
重なって、かめちゃんがなぜか小学校の行事に参加。
とうがらしは、体験より食い気を取りました。
 
 
 
20080921102947.jpg
   
 
 
 
校長先生やその他先生方PTAの役員さん達と親子の参加でした。
 
かめちゃんもしっかりお話を聞いて、「のこぎりがま」という
稲刈りの時に使うかまの使い方を聞いて、いざ稲刈り!
 
 
ちょっとしたコツをつかんだら、力がなくてもかなり刈れるようになったかめちゃん。
 
「かめ、なんだか楽しくなっちゃったよ」
そういって、普段働くことが嫌いなかめちゃんもせっせと稲刈り。
途中で、ゆかぞうもやってみたが(早く代わってね!と言われながら・・・)
結構面白かった。
稲を刈る音と共に収穫できることの喜びが、なんだかじんわりやってくる。
不思議な感覚だった。 
  
 
 
20080921105847.jpg
 
 
かめちゃん、はりきって稲刈りをしたあと、稲を天日に干すために
ひと束ずつ担ぎあげてごらんのとおり。
 
 
 
刈られた稲は、天日に干して、冬休みにPTA行事でおもちつきをする。
 
自分が子どもの頃よく見ていた、なつかしい風景の中に入って、心地よい時間だった。
午後は、とうがらしととーとに合流して、バーベキューに参加。
こちらも、おとうさん達が子どもたちのために大活躍。
ゲームあり、ビンゴありの楽しい会でした。
 
みなさん!ありがとう。
 
 
ところで、チチゆすぞうとバイク教室に行ったとうがらしくん。
「もう、暑いわ、排気ガスが臭いわ、遠いわで疲れた~」なんぞと
言っておりましたが、8歳でバイク初体験なんて、かっこいいじゃない!
2回目は、いつ行こうかな?
なんて、考えております。
 
ハハもちょっとバイクに乗りたくなりましたが、体力に自信が・・・。
これでも、20代は愛車セローにのって北海道やら信州やらを
一人で旅していたんですけどね~。
 

夏休みの小冒険 [子どもとあそび]

本日とうがらしくんは、学校のプールの日だった。

大体帰ってくる頃を予想して、それまでに掃除機をかけ、洗濯物を干し待っていた。
でも、帰る気配がない。
だいたいそんな時は、お友達とケンカして、途中でしょげ返っていることが多い。
心配になって、見に行ったら・・・
 
 
「あれーかーかどうしたの?」と汗でかゆくなったのか、道端でお腹を出して
ボリボリ掻いているとうがらしくんがいた。
 
「オレねー、一緒の方向の友達がいないから、学童の子と一緒に帰ってきたら
 違うところに行っちゃって、ここどこですか?って聞いたら、学童だよって
 言われて(そりゃそうだろ)・・・。
 だから、学校どこですか?って聞いたら、大きい女の子があっち!
 って教えてくれたから、学校の方まで戻って帰ってきたの。
 ところで、かーかどこいくの?」だって。
 
 
こっちは、心配になって自転車で迎えに来たのにね。
でも、良かったよ。
そんなに楽しそうな顔で帰ってきて。
ちっちゃな冒険だったんだね。

 

平成狸合戦ぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこ

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD

 

そんなとうがらしくんが、見たのは、この映画。

自然環境と開発の話だ。
以前、このDVDを見た直後、下校途中でいつもたくさんのゴミを拾って帰ってきたっけ・・・。
今回は、二回目。とうがらしくんとの夏休みは、まだまだ続く・・・。
 
 
午後は、子ども図書館へ行き、2時間以上遊んできた。
一人で・・・。
本に囲まれて幸せそうだった。

「かいけつゾロリ見つけたよ~」だって。

 
母も行きたかったのだが、9月以降の活動の準備に公民館の下見に行った。
できるところから、一歩ずつ。
子育てのペースで、何事もやっていきたいものだ。

明日もまた暑そうだ。明日は、どんな出来事があるんだろう。


知識は、知恵に・・・。 [子どもとあそび]

20080630205009.jpg
 
 
 
さて、これは、なんの写真でしょうか?
なにやらいたずらの跡・・・。
 
 
初めはね、「あっそうだ!」とかめちゃんがやってきて
(いつもいたずらは、突然です!)
量りを出して、その上に自分のおもちゃを乗せ始めた。
おもちゃの違いが数字の違いで、それが面白かったみたい。
 
この頃、パンを焼くときなどに手伝ってくれるので、
量りの使い方も覚えていたんだよね。
 
そして、そのままにしてその場を立ち去ると・・・。 
 
 
 
 
続いて、とがらしくんがやってきた。
「おー」とか「あら?」なんていって、盛り上がっている。
 
 
そして、できあがったのがコレ
 
        ↓
 
20080630204952.jpg
 
 
さすが、兄妹。
発想は、同じなんだよな。
ただ、年齢の差がいたずらの差になって・・・。
 
 
とうがらしくんは、1000gを目指していた。
そして、見事成功!
 
「おーやったー1000だ!」だって。
 
ふーん。
ゆかぞうも思わず拍手して、記念撮影。
グラムとかキログラムって学校で習うけれど、実感としてその感覚を持っているのって、
こういうことから、始まるのだろうか・・・。
 
でもねー私はしなかったよ。こんなことは・・・。
学校で習った通りに覚えただけ。
これが、知識というより知恵の差なのかな。
我が家の子ども達は、知恵を持っている。
 
はっきりいってうらやましい。
ハハがうらやましがるのも変なのだが・・・。
 
 
 
ゆすぞうに見せようと思って、そのままとっておいた。
そして、私たちがお風呂に入っている間に、ゆすぞうが帰ってきていた。
お風呂から出ると、量りの上のものは”静かに下ろされていた”
多分、本当に静かに下ろしたんだろう。そんな余韻だった。
 
 
なぜかって?
量りの上に物を置いたままにしておくと、量りの正確性がなくなるから・・・。
だから、気になったんだと思う。
 
多分そうだと思う。
聞くのを忘れたけど・・・。
 
 
これもまた、年齢と経験の差こそあれ、なんだか子どもたちと共通する
興味があるんだよな~と一人苦笑したのであった。
ムフフ。
 
 
知識は、どんなふうに知恵に変わっていくのだろうか。
年齢や経験を通して、どう変化するのかが楽しみだな。
 
 
 
=ニュースです=
 
私たちの、とんぼちゃんが9ヶ月の充電期間を経て、今日から新しい職場に出勤します。
これまでの期間、自分にしっかり向き合ってきた彼女は、本当に立派だったと思います。
知識は、知恵にしっかりと変化していったよね。
 
これまでと全く違う介護の仕事。
新しい出会いと学びの日々が、祝福され続けるようにと祈ります。
 
みなさんも、応援メール送ってあげてくださいね。
 
 
それでは、また~。

かめちゃんのいたずら [子どもとあそび]

宿題を始めながら、しみじみととうがらしくんが語る。

「やっぱ、オレ日本に生まれてよかったよ」

「だって、子どもが働かなくてもいいし、食べ物もあるしね~」だって。

学校で何かを学んできたらしい・・・。

 

そして、いつのまにか、何かを考えているかめちゃんはこんな絵を描いていました。

 

 

20080617195549.jpg

 

 

20080617195524.jpg

 

それは、「天使のおうち」だって。
家に羽が生えていて、空をとんでいるの。
家には、窓がたくさんあったり、人が住んだりしている。
不思議な絵だな~。
頭のどんなところから、そんなイメージがわいてくるのかな?

 

 

そんなかめちゃんだけをほのぼの見ていると、なんだか幸せなんだけど、
この頃、2歳児がよくやるような”だだこね”をたくさんするのよね。
 
お風呂に入っているのに
 
 「かめ、体洗いたくないのー。お風呂あったまらないのー。」って
 
あのねーかめちゃん。お風呂は、体を洗うために入って、しかも
温まるために入るんでしょ・・・。
 
 
 
外で転んでしまって、すりむいてしまった時も
 
 「バンソウコ、つけるのー」っていうから
 
あのねーかめちゃん。真っ黒なのにバンソウコつけたら、余計にばい菌が
入るでしょ。そんな汚くてつけても意味がないよ。
そう、説明すると・・・ 
 

バンソウコと一緒に消えた。
そして、そーっと覗きに行くと、バンソウコの外側のゴミの山と
かめちゃんの手足には、たくさんのバンソウコが・・・。
 
 
確かにねー、かめちゃんが2歳児の頃は、我が家に色々なことが起こって
大変だったのよね。ゆかぞう仕事をしていたから、忙しかったし、
とうがらしくんが学校に入ってからは、毎日大変だったし、
だから、あなたねーあんまりいたずらしてないんだよね。
いつもいいこでいてくれたから・・・。
 
 
今は、だから、少しそんな時間もいいかな・・・なんて思ってみたり
「こらーーーーーーお風呂で泣くなーーーー」と思ってみたり。
 
ハハの心は揺れ動いていますよ。
だから、子育ては学びの連続なのかも知れませんね。
 
 
じゃーまたね。


うれしい悲鳴 [子どもとあそび]

さて、前回クイズで終わってましたね。
「水 みず まけた」
「火 ひ  かった」とかめちゃんの字で書いてありました。
 
 
答えは、かめちゃんの連想ゲーム?からでてきたものだったんです。
 
火曜日と水曜日の予定を紙に書いていたら、その下にかめちゃんが
書き足したもの。
火と水って読めるんだ~すごいな!とも思ったけど、
その先に連想ゲームがあるなんて、さすがとうがらしくんの妹。
こりゃ、学校に行ってから漢字練習の宿題がとうがらしくん同様大変かも。
 
 
でもね、そんな発想がゆかぞうの喜びでもあるんだよ。本当はね。
20080615175755.jpg
 
 
 
そんなかめちゃんが、いくぴーやとうがらしくんの応援もあって
自転車に乗れるようになりました!
「これで、あの公園(昭和記念公園)にサイクリングに行けるね!」だって。
おいおい、もう少し練習してからだよ。
 
 
そう思ってたけれど、今日保育園に行ったら、早速練習を始め、すでに自転車に乗れるように
なっていたお友達の最後尾で走ってたよ。
こりゃ、サイクリングの日も近いな・・・。
 
 
まあ、うれしい悲鳴です。
 

磯の生き物 [子どもとあそび]

行って来ました。磯の生き物観察会。

といっても会に参加したのは、とうがらしくんのみで、かめちゃん・ゆすぞう・ゆかぞう

いとこのいくぴーは、勝手に磯で遊んでいたんですけれど・・・。

 

20080608134240.jpg

 

二日間の宿泊観察会が終わって迎えに行ってみると、とうがらしくんは

こんなことをする海の男?になっていました。

 

 

20080608143131.jpg

 

これは、とうがらしくんが「たべるか?」といって獲ってきてくれたウニ。この磯の観察会は、実際に大学で磯の生物を研究しているという先生方の
援助の下に行われた会。
もう、質問したいことがたくさんあるとうがらしくんには、たまらない会
なのですね~。
 
ウニ・海ほたる・くさふぐ・貝などのそれぞれの専門家がいた。
観察会の後半は、ウニのグループを選んだというとうがらしくん。
ウニが住んでいる場所を「ここだ、ここだ」と探して、
「食べるか?」と持ってきてくれた。
 
 
生き物は大好きなのに、直接触るのはちょっと苦手なとうがらしくん。
それが、二日の間にガラリと変わって、こんなことをし始めた。
 
くさふぐの産卵も実際に見ることができたそうで、海の中で実演して教えてくれた。
彼の彼らしさをしっかりと受け止めて下さるスタッフの方々の援助もあって、
すっきりと心地よい達成感を味わったという顔をしていた。


よかったね~。

 

 


初スケートのかめちゃん。 [子どもとあそび]

今日は、かめちゃん始めてのスケートに挑戦!

保育園の園外保育である。

年長さんと一緒におでかけ。

 

 

 

 

着慣れないスキーウエアを着て、リュックの中には
お弁当・着替え一式・水筒がつまっている。


「もー重くてダメーーー」
「もてなーーーい」と玄関でぐずっているので、

では、記念に一枚撮っておくかとカメラを向けるといきなりいいお顔に・・・。
「なんで、機嫌直ったの?」と聞くと

「だってー、カメラ撮るんでしょ。だからいいお顔しないと」だって。

こりゃ参った。やられたよ。ぐずった顔は、カメラかくして撮らないと。

 


そうこうして、保育園の駐車場にに到着。
「リュック重くても走れるよー」と車から降りるなり走っていったが、
大丈夫かな?と不安の残るゆかぞう。
(あたらなければいいけど・・・と思っていたらビンゴ!不安は的中した)

 

とりあえず、園庭にでて出発の準備。
みんなかわいいウエアー着ているね。
年長さん、来年のかめちゃん用にお古くれないかな~なんて考えてしまうゆかぞうであった。
 

 

 

 

さて、夕方お迎えにいくと、年長の先生がムフフと笑いながら
「あのねーかめちゃんのリュック、一人で旅行に行っちゃったの」だって。


よく聞いてみると、やっぱりリュックが重くて「ちょうしがわるーーい」なんて
言い始めたかめちゃん。リュックを電車の網棚に乗せてもらってそのまま置き忘れて
しまったらしい。
(ちなみにかめちゃんの保育園は、園外保育がたくさんあるけれど、ほとんどは
 公共の乗り物を使います)

終点の駅まで行ってしまったかと連絡をとったけど、結局そのまま旅して、
始発のかめちゃんたちが乗った駅に戻ってきていたらしい。
とりあえず、ウエアーは着ていったので、問題なく、お弁当は先生たちのを
もらったらしい。

ありゃりゃ。まあとりあえず、スケートはできたみたいでよかったよかった。
リュックもスケートの帰りに無事に受け取れたみたい。

 

かめちゃんに「リュック旅行にいっちゃったんだって?」と言うと、
「うん!それで、先生にお弁当もらった」だって。

大して堪えていないみたい。とりあえず、楽しかった様子。
それより、砂場で友達とケーキ作りするのに忙しいらしい。
色々な人に配って歩いては、「どっちのがおいしい?」なんて競っている。
うーー。たくましいわー。


でもねー、かめちゃん。これからもっとたくさんおでかけするんだから、
次からは、忘れ物ないように頼むよ。
(年長さんになると、遊園地サイクリング、川遊び、山登りにも出かけていく)

 

さて、かめちゃんのお弁当はどうしたかって?
もちろん。この季節腐ることもないので、かめちゃんの夕ご飯となりました。

 

追記

「虹の小屋日記」不十分ながら、企画の日程だけアップしました。

ゆかぞうの読んでいるブログというところに載っています。のぞいてみてね。

それじゃ!また明日。

 

 


nice!(0)  コメント(2) 

保育園の節分 [子どもとあそび]

 

今日は、かめちゃんの保育園の節分だった。

写真は、鬼になってこれから保育園中の子どもたちを追いかけようとしている年長組の子どもたち。

 

 

 

お面用の台に新聞紙を水で溶かしたものをはりつけて、鬼の形を作っていた。

それを色とりどりの顔に仕上げていたっけ。

 

 

 

 

そして、それを迎え撃つ準備をしているかめちゃんの年中クラス。

いわしとひいらぎ・豆を用意している。

庭では、担任の先生がパタパタと炭を起こして、魚を焼く準備。

子どもたちは、火の回りに座って眺めている。

 

 

 

 

 

「ねー、どうして火って赤いんだろうね」と質問してみた。

 

「あかいから!」

「火だから!」

 

「ねー、どうして火って熱いんだろうね」と聞くと、

 

「火だから熱いんだよ」

 

 

 なるほど、確かに正解ではある。

でも、こうやって節分の準備をして、炭を起こして火を眺めて・・・

なんていい時間をすごしているんだろう。

実際に感じる火のエネルギーをどうとらえているんだろう。

なんともいえないあの空気。

 

 

 

 

 

ちなみにかめちゃんは、どうやらいわしが苦手らしい・・・。

 

「ねーかめちゃん。鬼はね、いわしのにおいが嫌いなんだよ。

それで、ぎゃーーーーって逃げる途中で、ひいらぎのトゲトゲにささったり、

豆をぶつけられたりするんだよ」と話すと・・・

 

 

いわしどうしようかな?と考えているふう。

 

だから、追い討ちをかけて、「いわしたべておくと、鬼がかめちゃんから逃げて行くんだよ」と言った。

 

 

 

 

 

 

 

夕方保育園に迎えにいって

 

 「ねーいわし食べたの?」と聞くと

 「ちょっと食べた」だって。

 

 

髪の毛からは、煙の香りがしていて、

「けむりくさーーい」

 

という香りなのだけれど、このごろでは外で焚き火もできないので

なつかしい香りだった。

 

 

 

 

 

 

 

さて、いつも漢字で苦戦しているとうがらしくん。

 

 

だが・・・

 

 

 

 

 

 

 

毎日の努力の成果が出てきて、ずいぶん字がしっかり書けるようになってきた。

それに、このごろ漢字テストで、合格点をとるのが早くなってきた。

つまり、満点を取らないと、なんどでもやり直しになるのね。

そして、宿題が加算されていくというわけ・・・。

 

 

 

 

 

2年生の課題は、とにかく漢字と九九。

 

これまた、暗記ものだから必死。

 

 

2×9=18  

のことを、肉は十八だよ。 いっぱい食べたいでしょ、なんて教えていた。

それでも、努力は実るもの。

とうがらしくん。よく頑張っているよ。

 

 

 

 

 

「いいよなー、かめはさー。オレも保育園に戻りたいよ」

なんてぼやいているけれど、あなたもしっかり保育園時代に色々な経験ができたから、

今なんとか踏ん張れるんだよ。

自分の原点だし、大好きな自分を見つけていた時間。

 

友達の思い、自分の考え、土や水などの変化するものとのかかわり。

季節の体験。

 

そういう一つ一つが子どもたちの中にしみこんでいっているということが

本当にありがたい。

 

 

 

 

 

人生こそが学びそのものだ!

 

大人たちもちょっと疲れたら、子どものように自分の要求を感じて

自然とふれあって、自然のエネルギーをもらってみよう。

きっと、元気が出て、また今日を歩いて行ける。

 

そして、ハハたち。

そんなエネルギーを十分持って、そのまま子どもたちに注いでいきたいね。

 

 

 

ということで、ゆかぞうは、エネルギー充電の旅にでてきます。

ゆすぞうのおかげで、久しぶりの一人での旅です。

だから、ブログも月曜日までお休み・・・。

 

充電してくるねーーーーー。

みんなも、いい時間を!

 

 


nice!(0)  コメント(4) 

季節の・・・。 [子どもとあそび]

 

昨日は、「季節の野菜」について書いたけど、今日は季節のあそびについて書こうと思います。

冬の遊びってなんだろうね。

絵本などを見ると、こままわし、たこあげ、ふくわらいなんかが書いてあることもあるよね。

でも実際どうかな?

 

 

写真は、かめちゃんが保育園で使っているこま。
かめちゃんの保育園では、先日こま回し大会があった。

なかなかうまくいかないのをずいぶん練習して、なんとか回せるように
なったかめちゃん。

クラスの他の子どもたちも毎日朝から熱心に回していた。


こういう姿を見ると「最近の子どもたちは・・・」という
一般的な大人の嘆き声が遠くに遠ざかっている。
遊びの文化も大人が伝えていくべきもの。
大人の努力なしに、現代の子どもたちがこまを回すとは思えないが、
楽しそうな企画と雰囲気ができていると、子どもたちは熱心に遊びこむ。

 

かめちゃんがうまく回せないでいると、年長の男の子がやってきて
「いいー、ここをこう持って回すとうまくいくんだよ」と
こまの持ち方を指導しにやってきてくれた。
友達のこともよく見ているんだね。
すごいなーと思う。


子どもどうしのつながりも、また大人がどのような環境を整えて
いてあげるかで違ってくる。

だからかめちゃんの今いる環境が本当にありがたいと思う。
日々感謝です。

 

そんな日々の努力あってか、こまわし大会の当日は、なんとかこまを回せたらしいかめちゃん。

よかった、よかった。

 

 

 

さて、写真は何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、甘酒。

 

いやー、寒いので作っちゃいました。
温かいし、冬の飲み物だよねー。


でもね、これまた子どもにはちょっと不評。
「飲む?」って言ったら
「これは、99%、いや100%甘酒だね」

なんて言ってるとうがらしが、結局いらないだって。
なんだ~おいしいのに。

 

いいもん、ゆかぞう一人で飲むから・・・。

 

おいしいんだぞ。
そう思いながら、乾燥したままの切り干し大根をそのままかじっている。
おいしいんだぞ。
市販のはわからないけど、農協で売っている手切りの切干大根は、そのままかじって
おいしいんだぞ。今度試してみてよ。
これも、季節の野菜か・・・。

 

 

やれやれ、季節のあそびを書こうと思ったら、また食べ物の話になっちゃった。


んじゃ、また明日!


nice!(1)  コメント(6) 
前の10件 | - 子どもとあそび ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。