So-net無料ブログ作成
検索選択

豆なカレーとヨガ [まめ]

 いやー、今日は、待ちに待ったヨガの日でした。

年末から年始にかけてお休みだったから、約3週間ぶりのヨガです。

 私にとって、ヨガがこれほど大事になってきたとは・・・。
ヨガのレッスンのない時間を経験して、身にしみましたよ。ハイ。

仕方なしに、九州旅行中に一人朝からヨガをしてみたりして、
結構体に効いて、最悪は脱出したけど、やっぱりインドのひとみちゃん
                         ↑
                      私のヨガの先生よ!
のリードのないところでやるとなかなか集中できないのよね。
もう少し、自力でもできるようにならねば・・・。
今年は、ヨガと豆と音楽の年なのだから・・・。
 
それでねー、ヨガが終わった後は、「ゆいまあみい」というお気に入りの
スリランカカレーのお店でランチしたの。
これがねー、スリランカの家庭料理としてのカレーだから、いつも季節の
食材を使って、すんごくおいしいカレーを作ってくれるのね。

しかも、自宅の庭を開放して・・・。
この時期は、毛布やコタツを用意してくれてあるの。
それがねー、またいいのよねー。
自然の中でいただく、自然の味!
 
 
 
===========================

   ゆかぞうのランチ

  カラダイカレー
  パルプカレー
  ロングビーンズカレー
  かぶのカレー
  にんじんのカレー
  スイートポテトカレー    4種類のはずが、お母さんがおまけしてくれた。
  
  以上のカレーにサラダ・ライス・ロッティー(ナンのようなもの)
 
  紅茶とパーヤムサム(スイーツです)。
 
============================

 豆な年なだけに、カレーも豆を選んでみたよ。
 カラダイ・パルプ・ロングビーンズが豆のカレー

 全部味付けが違うんだよ!(感動もの)
 
 
 
 

 

写真は、カラダイカレー、これが固めの豆のカレーです。

歯ごたえがなんともやめられずおいしい。

豆と一言でいっても奥が深いね~ホント。

 

 

 

そして、今日のランチのお題は


      「呼吸すること」  でした。


ヨガの基本にウージャイ呼吸ってあるんだ。
ガラスにハーって息をふきかけるようなかんじで
それを口を結んだ状態でやる呼吸法のことなんだけどね。


その呼吸法以前に、ヨガに入る前に、自分の呼吸に耳をかたむけて集中していくと
色々な体のことが感じられてくるんだよ。

こんなに呼吸が浅かったかなとか。
体が動いていないなとか。

その時々で体の状態はものすごく違う。

 

ねー、みんな悩んだり考え込んだりしているとき
十分に息を吸って、息をはいているかな?


それから、すごーーーく嫌なことがあったとき
どんな呼吸している?

 

それから、それからドッカーーーーンと怒っているとき
とんな呼吸?


もし、自分が人生の中で今ある課題を確実に見据えたいとき、
どんな呼吸であるべきなんだろう。


もちろん、生命を維持するための呼吸はあるだろうけど、
問題を解決するための呼吸。心地よく生活するための呼吸って他にあると思うんだ。


子どもに怒りたいとき、なんかハーハーとした浅い呼吸のときない?
連れ合いに怒っているときは?


思い落ち込んでいるとき、なんかよどんだ空気がお腹を満たしていない?

 

息をすって、はいて・・・。

すって、はいて。

すって、はいて。

すって、はいて。

 


そこだけに注目したとき、何がみえるんだろう。

 

 人生の中で、色々な課題に会う。

そして、とりあえず解決してみようと努力している。

だから、ちょっと贅沢だと思いつつも、心地よい時間の中で

自分の呼吸に耳を傾けていきたい。

 

 

みんなも、やってみて。

きっと心地よい呼吸の中で、色々なことが虹色につつまれていくから。

 

 んじゃ!  また、明日!


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

豆な年 「秘伝豆」 [まめ]

 

豆な一年を目指すゆかぞうです。

そこで、さっそく豆1号を煮てみました。

その名は「秘伝豆」 山形県産です。

 ===============================

  作り方


1.豆が十分にかくれる程度の水に一晩浸してもどす。

2.豆全体にしわがなくなりふっくらともどったら、豆を取り出す。

3.残った戻し汁に塩を入れて、強火にかけ沸騰直前に豆を入れ、
  火を弱めてアクを取る。

4.再び沸騰させ、あまりやわらかくならないうちに
  鍋からあげて冷ます。

===============================


煮ている時間は、一時間弱でした。
結構あっさりとできあがり、枝豆のようなかんじでしたね。

 

できあがりは、こんなかんじ。
楊枝をつけて出したら、子どもたちも面白がって食べてくれました。
 
    

 

 

「豆な年」の本家、ゆきんこのハハさんも、
公言したからには、まめまめ頑張るーと書き込みをしてくれました。

ありがとうございます。


豆って一体どのくらい種類があるんでしょうね。
それも少しずつ調べてみようかと思っています。

 

さて、豆を煮てみて・・・。


前の晩から鍋に豆を入れて水に浸しておくと
どんなかんじで、豆が水を吸っていくのか結構気になるもんです。

子どもたちもすぐに見られるところに置いておくと、
時々のぞいてみては、


「おーーーこんなにシワシワになったぞー」とか

「あれーーー1個だけふくらんでるねー」なんていちいちコメントしていました。


そして、夜寝る前に覗き込み、朝起きると覗き込んで


「おーーーー、でっかくなってるよ。シワなくなった」って。

 


うんうん、ゆかぞうも、いちいち感動していました。
そうねー水ってこうやって吸っていくのかねーって。

改めて観察していると結構おもしろいもんです。


それから、時間をかけて作ったものだけあって、
なんというか愛着があるのね。

シンプルな作り方と技みたいなものに挑戦している感じもある。


もちろん、秘伝豆は我が家の夕食になり、あしたのゆすぞうのお弁当にもなります。

 

 

 豆を煮ている間、やっぱり色々なことを考えますね~。

そのゆったりとした時間の中に、瞑想の時を見出しているような
感じさえあります。
フライパン料理には、ない感覚かな~。


 

ゆかぞうは、今こんな感じ。

12月は、本当に大勢の人と会って、会話して、一年を締めくくって、
お正月は、色々なものを見て、家族と会話して、食べて。


そうしたら、体もお腹も一杯になってしまって・・・。

そんな中で豆を見ながらボーっと考えられる時間がとても貴重に思えてきたんです。


ゆったり、ゆっくり行こう。
豆をみつめながらそう思ったのでした。

冷え切ったからだは、足湯をなんどもして温めて、
固まったからだは、ヨガでほぐして、
気持ちのいい音楽を聴く。


豆は、あせらないでいいのだと伝えてくれた気がしました。

 

それじゃ、また明日!


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:育児
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。